初夏のブルース #006

女性ヴォーカルの楽曲。北海道のご当地ソングですが、”リラの街”くらいしかはっきり言っている場面はないので、どなたでも歌っていただけるかと思います。夢を持って都会で暮らす女性を歌った歌です。

キー   :F
BPM  :120
音域   :G2~Bb3
クレジット:作詞・作曲・編曲 さゆき(北村サユリ)、クロマチックハーモニカ 北村サユリ
地域・季節:北海道・春〜夏

※ご利用前に「利用規約」のご確認をお願いします。(難しいことは書いていません。)楽曲やデータについては、「ご利用ガイド」をご参照ください。

PDF

MP3

初夏のブルース

1.
移りゆく日々は 走る電車のよう
変わりゆく季節を 感じられないまま
気づけば景色移り 思い出遠く
走る意味さえも 見えなくなる

空のない街も 独りの夜も
慣れたけど時々 振り向きたくなるの

夏が来たら会いたいよ 短い夏の空
夏が来たら思い出す 私の原点

2.
リラの街離れる ことを決めた日
願い叶えること 一人誓ったよ
でも本当は少し 淋しかった
笑顔でいるために 泣いた夜もあった

辛くはないいつも 君がいるから
ふと感じる孤独 夜風に流して

夏が来たら会いたいよ 短い夏の空
夏が来たら思い出す 私の原点

(solo)

夏が来たら確かめる 走り続ける意味
夏が来たら見つけるの 明日の私

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。