赤い花 #005

素朴で懐かしい感じのメロディ、アレンジを意識して作りました。京都のご当地ソングですが、”京の街”くらいしかはっきり言っている場面はないので、どなたでも歌っていただけるかと思います。

キー   :Gm
BPM  :85
音域   :A#2~D4
クレジット:作詞・作曲・編曲 さゆき(北村サユリ)、クロマチックハーモニカ 北村サユリ
地域・季節:京都・5月頃
コメント :地元のある年代以上の方しかわからないと思いますが、旧JR二条駅の風景を歌っています。いちおう季節は5月頃としていますが、受け取り方はいろいろだと思うので、年中歌っていただいてよいかと思います。

※ご利用前に「利用規約」のご確認をお願いします。(難しいことは書いていません。)楽曲やデータについては、「ご利用ガイド」をご参照ください。

PDF

MP3

赤い花

1.
雨の日 私バスの中 かすむ窓 京の街
Ah 一人ぬれた傘を 持って佇む
昨日までは二人 席につき 話してた
Ah 君はもういない バスは通りを上がる
かつて駅舎で咲いた 花はいずこ
今は雨に濡れるだろう 私の心よ
孤独をいやす赤い花 今は見れなくて
いつか街に溶け込んだ アスファルト

2.
揺れるバスは走る 雨の中 白い街
旅人のはずむ声も 私には遠く
独り立ち憧れて 大事なこと忘れたね
本当の孤独さえも 語れないまま
一人では何一つ できない私
生きることの重ささえも 知らなくて
雨の中の赤い花 心で咲いて欲しい
君を失う悲しみを 越えるように

雨の中の赤い花 心で咲いて欲しい
君を失う悲しみを 越えるように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。